会社情報

ご挨拶

弊社はビルやマンションの建築中に建築部材に傷や汚れが付かないようにする保護材の商品開発と販売を行っています。
この保護材はマンションの引越し現場でも出入口の枠、壁、床、エレベーターの内壁などにも使われています。
この保護材を業界用語で「養生材(ようじょうざい)」と呼んでいます。
ニッチな市場で認知度はNO.1であり、15年前より海外展開も進めていまして、現在韓国・中国・フランスに現地法人を立ち上げています。
今後も積極的に海外進出していきます。

エムエフ株式会社
代表取締役社長

前川 勝

会社案内

▼会社案内動画は下記よりご視聴が可能です。

会社概要

社名 エムエフ株式会社
設立 1979/06/01
資本金 50,000,000円
代表取締役 前川 勝
従業員 39名(2016年2月1日現在)
事業内容 エムエフ株式会社は、主に建築・引越業界における養生材(保護材)を取り扱うメーカーとして商品の企画・開発・製造・販売を行っております。 また養生材以外にも包装資材・畜産用品など幅広い分野に事業展開しております。
取引銀行 みずほ銀行
三井住友銀行
関西アーバン銀行
本社 〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原3-5-24
新大阪第一生命ビル10階
TEL:06-6396-8078(代) FAX:06-6396-8081
[地図を表示]
東日本営業部 〒105-0012
東京都港区芝大門2-6-6 VORT芝大門7F
TEL:03-5405-4871 FAX:03-5405-4872
[地図を表示]

沿革

1979年 6月 大阪府寝屋川市において、資本金300万円にて新興株式会社を設立。
建築用養生シートと梱包緩衝材ワッティングの販売を開始。
1982年 6月 資本金を1,000万円に増資。畜産用ヒヨコマットの販売を始める。
1983年 7月 本社及び池田営業所を統合し兵庫県伊丹市に移転。
1985年 4月 東京事務所を開設。
1988年 7月 資本金を1,500万円に増資。
1989年11月 社名をエムエフ株式会社に変更。
本社を大阪府池田市に移転。
1996年 4月 建築養生カバー竹千代丸の販売開始。(1999年特許取得、2000年意匠登録)
1998年 9月 資本金3,000万円に増資。
2003年 6月 韓国にKOREA MFを設立。
2004年 9月 資本金5,000万円に増資。
2007年 4月 本社を大阪市淀川区西中島に移転。
2009年 4月 株式会社KY物流に50%出資し、社名をMF物流株式会社に変更。
2012年 2月 東京事務所を東京都中央区の聖路加タワー内に移転し、東京支店に格上げ。
2012年 4月 中国の上海に恩玫富貿易(上海)有限公司を設立。
2014年11月 フランスのコルマールにEU連絡事務所を開設。
2016年 6月 東京支店を東京都港区に移転し、東日本営業部に格上げ。
2017年 3月 本社を大阪市淀川区宮原に移転。

MFグループ会社

MF物流(株) 〒969-0401
福島県岩瀬郡鏡石町境116
URL http://mf-b.co.jp/
KOREA MF 464-896
375-3 Yangbel-ri, Opo-eup, Gwangju-si, Gyounggi-do, KOREA
URL http://www.koreamf.com/
恩玫富贸易(上海)有限公司 上海市静安区中山北路470号5栋322室
shang hai shi jing an ju zhong shan bei lu 470 hao 5 dong 322 shi
URL http://www.mf21.cn/
Fモトアキラ(株) 〒563-0032
大阪府池田市石橋2-1-8 E・G・B 1F
TEL・FAX:072-762-6006(代)
SARL
AKIRA
8route d’Ammerschwihr 68240 KIENTZHEIM FRANCE(CEEJA)
TEL++33(0)3 89 29 11 51

エムエフのサービス

エムエフは養生材の専門メーカーとして、他にはないサービスの充実に努めております。

商品を自社で企画開発しています。

商品を自社で企画開発しています。

エムエフが創業して間もない頃、建築現場などで使用されていた養生材といえば、養生シートくらいしかありませんでした。

他の箇所については、資材の梱包材を流用したり、ベニヤ板を使い回しして、現場の人が作って養生するのが一般的でした。

段吉・枠造・虎之介

弊社は養生シートを販売する中で、現場の不合理・非効率を見つけ出し、改善する為の専用養生材を開発してきました。

常にお客様に向き合い、必要とされるものを提供し続けてきたメーカーです。

段吉・枠造・虎之介 弊社の主要な養生材にオリジナルの商品が多いのはその為です。
お気づきと思いますが、弊社の商品には変な名前の商品が多くあります。「段吉」「床之介」「枠造」などなど。

これらの商品名は会議などで決めるのではなく、開発者に命名権が一任されています。

その商品に一番思い入れのある人が付ける分、何とか覚えてもらいたいという思いが込められています。

「52AD(ごっつーえーでー)」「優枠の天使」「床男ボード(しょうなんぼーど)」など、一度、聞いたら忘れられない商品名かと思います。

養生材専門メーカーだから出来ること。

養生材専門メーカーだから出来ること。

エムエフから現場に普及した商品は多く、養生カバーや柱養生紙などは弊社が開発し、世に生み出しました。

社員が一丸となり、養生材一筋に取り組めることが、弊社の強みであると自負しています。

養生材という限られた業界の中ではありますが、商品点数ではどの企業にも引けを取りません。 養生材だけを専門に取り扱う企業は非常に稀だと思いますが、弊社は養生材専門メーカーであるからこそ、他社では立ち入れない細かい要望にも応えられると考えています。

商品を現場に直送、お客様の利便性を追求しています。

商品の配送についてもエムエフは現場への配慮を怠りません。
臨機応変な対応が求められる建築業界、急な注文や追加、期日指定など、配送に掛かる問題にも柔軟に対応いたします。

配送に掛かる時間とコストを削減できるよう、エムエフは商品を現場に直送するサービスを取り入れております。

※商品の現場直送についてはご注文の際に、注文書に配送先住所・周辺地図・邸名などを添えてお送り頂ければ、対応させていただきます。
また、納期・送り状ナンバーの確認などについても、弊社営業時間内(9:00~17:30)で随時応対させて頂いております。

安全と環境への取り組み

建物だけでなく、環境も「守る」こと。エムエフはそう考えます。

eエコガード・床男ボード・床之介・段吉

養生材は、基本的に「汚れをつけない」「傷をつけない」という役割の資材ですが、養生材が本来の役目を終え、廃棄されるときにも「汚さない」「傷を付けない」という環境への配慮も商品開発の重要なテーマであり、役目の一つとして考えています。
養生材とは仮設の資材であり、例外なく竣工時には取り外されるものです。
その為、使い回せないものは捨てることになります。
エムエフでは環境配慮への取り組みとして、ワンウェイ(使いきり)商品については、可能な限り単一素材で製造しています。
例えば「エコガード」「床男ボード」「床之介」「段吉」などは古紙パルプのみで製造されています。分別回収の手間を軽減し、作業の効率化を図るためにも、この取り組みが必要だと考えています。

イージーリサイクリング

これらのリサイクルが容易な単一素材の商品について、弊社では独自に「Easy Recycling」という設定を行っており、「Easy Recycling」付きの商品は単一素材であって、現場でのリサイクル回収が容易な商品であることを示しています。

チャレンジ25キャンペーン

エムエフはチャレンジ25キャンペーンの活動に参加しています。