*

「エコについて 」 一覧

日本のゴミの量

2018/04/20 | エコについて

日本で1年間に出るごみの量は、4,398万トン。 25mプール約42万杯分ものごみが1年間に出されているとのこと。 1日に1人が出すごみの量は平均すると約1kg。 そのうち家庭か...

続きを見る

出来るところから

身近なエコといえば、 社内でのメモはコピー用紙の裏紙を使っています。   その日やることをメモして、タスクが終わったら捨てるので ノートに書くよりも意外と使い勝手がよ...

続きを見る

迷路

近くの公園で催しがあり子供用迷路が ホワイトシートで作られていました。 光を通せ迷路に迷ったら下から脱出が でき簡単につくったものですが再利用も できて楽しめるアトラクションだと感...

続きを見る

未来のために

弊社では現在エコキャップ運動を行っております。 入社して約2年半になりますが、最近、サッカースタジアムに行ってもキャップの分別を していたり、コンビニでもキャップの分別ができるゴミ箱もあり...

続きを見る

エコバッグ

1950年代ごろまでの日本では、買い物カゴ持参の スタイルが一般的でプラスチックのゴミなどはほ とんど存在しなかったそうです。 高度経済成長が進むにつれ、丈夫で安価な ポリエチレン...

続きを見る

空き箱の再利用

インターネットで空き箱を再利用した雑貨特集というものを見て、 自分も何か作ってみたくなり、使い終わったテッシュケースを使って フローリングワイパーの収納箱にリメイクしました。 [captio...

続きを見る

紙袋を再利用した小物

2016/09/23 | エコについて

私は買い物をして、きれいな柄の紙袋や ナイロン袋をとっておくのですが、こちらを利用して、 何か新しく作れないかと思い、ブックカバーを紙袋から 作ってみました。 紙袋1枚とハサミ、こ...

続きを見る

ビオトープ

2016/06/10 | エコについて

共営プールの閉鎖から埋め立てビオトープを 構築し公開している施設に行ってきました。 黒メダカが固有種で繁殖に成功したとのことで 水が綺麗になり「タガメ」「ゲンゴロウ」などの ...

続きを見る

買い物からエコを意識する

2016/05/02 | エコについて

先日、近所のコーヒーショップへ買い物に行きました。 こちらの店では、レジ袋が不要と伝えるとスタンプがたまり、 金券として使うことができるようになっています。 事前にショピングバッグを...

続きを見る

エコロジー

現在新商品開発のポイントとしてエコロジーというのは 当たり前になってきつつあり、今後は「養生材+α」 をポイントに開発を行っています。 養生し終わったあとに他の用途でリユースできる、...

続きを見る

簡易養生
The 簡易養生

最近ですが、ある家具屋でテーブルを買った際に、 説明書の中にこのよう...

ご当地養生材

沖縄にてみつけた安全対策。 沖縄ならではのシーサーで注...

適材適所

電柱の横にあるボックスが段ボール箱で養生されていました。 梱包箱...

低層ビルの壁面改修

自宅最寄駅の近くにある、低層ビルの外壁面の改修現場の様子を見かけました...

国際養鶏養豚総合展

5月30日〜6月1日まで名古屋のポートメッセで開催された国際養鶏...

→もっと見る

взять займ на карту
PAGE TOP ↑