*

未来のために

エコキャップ

弊社では現在エコキャップ運動を行っております。
入社して約2年半になりますが、最近、サッカースタジアムに行ってもキャップの分別を
していたり、コンビニでもキャップの分別ができるゴミ箱もあります。

この運動について調べてみると、CO2削減や貧しい国の子どもたちへの医療支援など
未来にとって「良いこと」を多くしていると気づきました。

小さなことの積み重ねが今後の未来を創るのだなと感じますので、私自身も身近で
できるエコ活動だと思いました。

 

 

(大阪本社 浦川)

関連記事

日本のゴミの量

日本のゴミの量

日本で1年間に出るごみの量は、4,398万トン。 25m...

記事を読む

出来るところから

身近なエコといえば、 社内でのメモはコピー用紙の裏紙を使っていま...

記事を読む

迷路

近くの公園で催しがあり子供用迷路が ホワイトシートで作られていました...

記事を読む

エコバッグ

エコバッグ

1950年代ごろまでの日本では、買い物カゴ持参の スタイルが一般的で...

記事を読む

新着記事

国際養鶏養豚総合展

5月30日〜6月1日まで名古屋のポートメッセで開催された国際養鶏...

記事を読む

ブルーシート

側面がブルーシートで養生されていました。 リフォーム...

記事を読む

寺院の養生現場

寺院の養生現場となります。 床・壁と厳重に養生されておりました。 ...

記事を読む

近所の公園②

前回工事中だった公園が3月31日にオープンしました。 子供たちは遊具...

記事を読む

六角堂にて

先日、京都の六角堂に行って参りました。 天気も良く、近くにカフェ屋さ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

国際養鶏養豚総合展

5月30日〜6月1日まで名古屋のポートメッセで開催された国際養鶏...

ブルーシート

側面がブルーシートで養生されていました。 リフォーム...

寺院の養生現場

寺院の養生現場となります。 床・壁と厳重に養生されておりました。 ...

近所の公園②

前回工事中だった公園が3月31日にオープンしました。 子供たちは遊具...

六角堂にて

先日、京都の六角堂に行って参りました。 天気も良く、近くにカフェ屋さ...

→もっと見る

взять займ на карту
PAGE TOP ↑